PLANEX GW-USWExtreme

下記でボロクソにこき下ろされているこの商品ですが、うちの環境では問題なく稼動しています。
amazon.co.jp
kakaku.com

とはいえ、アクセスポイントとして使用しているので、事情が違うかもしれませんが。


Internetと内部LANのゲートウェイとして使用しているWindows 2003 Server SP2 32bit のマシンに装着、アクセスポイントモードでiPhone 4 (現在はiOS4.1 JB済) と、 Windows XP professional SP3 32bit を接続しています。

製品の仕様として、Windows 2003 Server 対応の記載はありませんが、XP用のドライバで稼動OKです。
ドライバ、ソフトウェア共に、インストールおよび起動、稼動時のエラーメッセージ等は発生せず。

インストールしたのは「プラネックス クライアント・マネージャ (含ドライバ) 2010/12/06」版
です。

自分の環境ではWモードやXLinkは全く考慮に入れていないので、それらが必要な方は以下、参考程度にお読みください。

また、本記事がすべての方に適合するかどうかはこちらでは担保できません。
そもそもがメーカーのサポート外ですし。

障害が発生した場合も同様です。
各位ご自身の責任においてお試しください。

1.上記ファイルをダウンロード、伸張しておく
2.該当マシンのUSBポート (2.0以上が望ましい) に製品を装着
3.OSからドライバのインストールを要求される。手順1のドライバ(Windows XP 32bit用)をインストール
4.クライアントマネージャをインストール
5.クライアントマネージャを設定

クライアントマネージャインストール時にもドライバは入れてくれるので、手順2、3をすっ飛ばして
1→4の手順でもいけるかもしれませんが、当方では試していません。

ICSの設定で、http接続はInternetに出るようになっていますが、IPアドレスを指定することにより、内部LANの資産にもバッチリアクセスできています。

過去には大変な思いをされている方々もいらっしゃった様ですが、おそらくドライバとツールのバージョンアップにもよるのでしょう、全く問題ありませんでした。

以上!

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。