Starter Relay #2

問題があるというモンスター400のbitron製イグニションリレー、こいつを保守交換します。

リレーのピンアサイン(配置)はググって確認。
元々のパーツを外してきて、アサインと導通を確認。

12Vの出力側、87と刻印されているピン二つですが、ここが切り替え(入れ替わり?)ではない。
リレーに導通すると、二つともONになるんです。
想定では、リレーのON/OFFで切り替わると考えていたものの…

むむ…
特注品か…?

ま、事態はそんなにややこしくありません。
新しいリレーの、導通時ONのコネクタを分岐してやれば済むこと。

もうひとつ、やり方としては、純正パーツの取り寄せ。
日本で買ってもどーせ高い(笑)ので、海外の情報を確認したところ、いろいろ面白いことがわかりました。

  • このリレーはBOSHのOEMかなんかで、いろんなメーカーで同じ型番のリレーを作ってる(AUDI、FORD、etc…)
  • ピンアサインは特注品ではなく、単純に形式の違い
  • 2つ目のやつ、なにかっつーと

  • SPDT
  • SPST
  • という形式があって、日本で一般的 (ホンマかいな) なのは前者、
    モンスター400に使われているのは後者、ってこと。

    図解がありました

    SPDT

    SPST

    ということらしいです。

    さてさて。
    密林さんからリレーが到着。
    導通を確認、分岐線を作成後、車両に装着。

    イグニション!
    キャキャ ブブブブ ボボボボ…!!!

    イッパツでかかりましたね?
    チョーク、引いてませんが?

    夜更けの冷間時始動です。
    さんざ、キャブのサイズが合ってないだなんだで始動性に難アリの烙印を押されていたM400が…

    前は
    キャキャキャキャ ブブ ブボボ…(:ω:)
    だったのが、なんということでしょう…!!!

    ま、まぁ、まぁまぁまぁ、たまたま今回だけかもしれないので…
    状況は静観して…
    (ニヤニヤが収まらない)

    某WBの400SS紹介動画のアレは、ひょっとしてこういうことだったのかなぁ、と思いを馳せつつ、
    と、とりあえず、リレーの空いている1ピンは、タイマーをつけてETCの遅延起動に使うということで、
    20150604095511

    広告

    コメントを残す

    以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

    WordPress.com ロゴ

    WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Twitter 画像

    Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Facebook の写真

    Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    Google+ フォト

    Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

    %s と連携中