続 LiFe_Battery

なんだかんだ、前回より12日経ちました。
Lifeバッテリ換装後の始動テストです。

テスト時の環境については、
午後2時半ごろ。
晴れ、気温14℃、湿度68% とのこと。

LiFeバッテリなので、儀式(活性化)のために、キーをONにしてから5分待機。
なお、車両については、ETCとUSBコネクタがついているので、消費電力は純正の状態より若干高め。

1. 待機後、セルをON。一瞬かかりそうな音がするものの、エンジン始動せず。
2. 数秒後、セルをON。セルが回るのみ。
3. 数秒後、チョークを引き、セルをON。3、4秒後にエンジン始動。

フィルターを純正からK&Nのものに変えており、始動性はより悪くなっているのですが、
チョークを引くだけでちゃんとかかりました。

次から、寒い間はチョーク引いてからまず始動させるようにしますかね。(笑

追記:
「儀式」ですが、3~5分電源ON、その後10~15分電源OFF、の後に始動、とのことでした。
2chより

エンジン始動後、チョークを引っ張ったままだとふけ上がりすぎるので戻し、アクセルでアオリを入れながら暖気。
一回りしてきましたが、何も問題なしという結果です。

元のバッテリの素性はともかく、使用履歴がどの程度かが不明なので、比較は控えたいと思います。
にしてもLiFe、悪くないと思います。

さてさて、冬支度なので、バッテリのマイナス側にキルスイッチを増設しようと考えていたのですが、
マイナスの線がバッテリボックスの下にてねじ止めで結線してあり、
蝶ナット一個で用事が済んでしまいました、とさ(笑
img_4915

以上!!

広告
  1. トラックバックはまだありません。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。